もふねこミルクのつぶやき日記

うちの愛猫ミルクとその周りの出来事を思いのままに書いてます。

猫なで声に弱いのだ♪

こんにちは。kurerinです。

f:id:kurerin:20190915011240j:plain

「寝てるわけではないニャー。悟りを開いたニャー。」

 

 今朝もニャーニャーというミルクの鳴き声で目を覚ましました。

猫を飼うまで犬派だった私は、正直あまり猫には詳しくなかったんですよね。

ペット屋さんの店員に言われた「猫は甘えたい時は甘えて、そうでない時は構わないでよって感じです」って説明、ええ、今はわかりますよ。本能のままに生きてるって言うんですかね、撫でて欲しい時は自分から顔をスリスリしてくるし、逆に撫でて欲しくない時はプイっとそっぽを向くし。食べたい時は食べ、寝たい時は寝る。ときには猫なで声で人を呼び寄せるし。この猫なで声がまたかわいいんですよ。あんな声で鳴かれたら何でもしてあげたくなりますよね。

猫は人間の事を自分より大きな敵意のない猫(=友達)だと思っている、と何かで読んだ事があります。

だから私が餌やトイレの事、すべての世話をしていても、母親の様には思われてないんだなぁ・・・ 私は我が子の様に思ってるんですけどね。

 

 少なくとも人間の子供(=私の小6の娘)には親と思われたいんですけど、最近はただの便利オバちゃんと化していますよ。猫なで声で「ママ~♡」って呼ばれてホイホイと行くと、だいたい何かを頼まれるんですよ。例えば目の前にあるティッシュを1枚取って〜とか、このゴミ捨てて〜とか、あ、あとゲームの課金をして欲しい時かね。(^^;

あの~、子供の猫なで声には用心しましょう。その声に何度翻弄されてきた事か・・・(^^;

 

猫なで声はミルクだけで十分と思う今日この頃でした。

 

【今日のミルクのつぶやき】

「本能のままで生きる方が楽ニャー😽」

 

↓こちらもよろしくお願いします。LINEスタンプ好評発売中です♪

line.me